実はこんなに種類が!目元の美容整形の選び方

目の上のたるみとりはどんな方法?

目の上のたるみは、加齢やつけまつげの使用などによって上まぶたが徐々に目にかぶさって来てしまうことです。まぶたがたるんでしまうと、実年齢よりも老けて見えてしまうほか、目が小さく見えてしまうといった原因にもなります。そこで、目の上のたるみとりは、まぶたのたるんでいる部分を取り除くことによって、若々しくぱっちりとした目元にする事ができる方法です。この方法は、その他にヒアルロン酸注射や脂肪注入も併せて行なうことがあります。

涙袋だって作れちゃう!

テレビや雑誌などではよく涙袋の作り方について紹介されていたりします。涙袋があると目が大きく見えるといった効果があるので、あこがれる人も多いです。しかし、涙袋はバランスが重要。毎回描くのは難しいという人には、美容整形もオススメです。下まぶた部分にヒアルロン酸を注射して内側からふっくらさせることで涙袋を作り出します。その他にも切開法がありますが、注入タイプの方が施術時間も短く患者への負担が少ないです。

逆さまつげのお悩みも美容整形で解消!

逆さまつげでお悩みの方には実は美容整形の分野で解消できちゃうんです。逆さまつげは目に入ってしまって痛くなったり、角膜を傷つけて炎症を引きこしたり視力の低下の原因ともなります。整形外科でもこの施術は行なえますが、美容面も考えるなら美容外科での施術をオススメします。方法もいくつかあり、軽度の症状には二重埋没法を適用されますが、まつげの反りが強い場合には二重切開法が適用される場合があります。まぶたの手術は左右のバランスが重要です。

美容整形のポイントを理解するには、いくつかのクリニックのカウンセリングや体験モニターなどの制度を利用することが効果的です。