はじめての人は必見!医療脱毛に関するアレコレ

医療脱毛って何をするの?

医療脱毛とは、医師が在籍している医療期間などで受ける脱毛処置のことです。医療行為になるので、サロン脱毛よりも高出力レーザーや薬剤を使うことが可能です。また、医療機関であれば痛みを軽減するために麻酔を使用することもできます。麻酔にもいくつか種類があって、注射する従来の麻酔やクリーム状の麻酔、貼るタイプの麻酔があります。なお、医療脱毛は大きくわけて光脱毛・レーザー脱毛・高周波脱毛・ニードル脱毛に分けられます。

医療脱毛のメリットやデメリット

医療脱毛は、エステサロンで受けるよりも確実に効果のあることが最大のメリットです。そして医師による施術になるので、安心であることと麻酔や薬剤の扱い、痛みや腫れ対策などのフォローアップ体制も整っている事が多いです。デメリットとしては、エステで受ける脱毛よりも費用が高くなる傾向にあるという点です。エステサロンは、全国に数多くの店舗があり競争が激しい分野でもあるため、価格で競争しているところも多いからです。

方法別の特徴とメリットは

医療脱毛は大きく分けて4つの方法に分けられます。レーザー脱毛や光脱毛は、メラニン色素に反応する働きを応用して脱毛を行ないます。中には、美肌効果燃えられるものもあります。高周波タイプやニードル脱毛は、電気エネルギーや微弱な電流を流すことによって1本ずつ抜いていく事の出来る方法です。施術中の痛みや火傷を防ぐための冷却装置が導入しているものもあるので、従来の脱毛よりも安全に施術を受ける事が可能となりました。

永久脱毛を新宿で受ける時には、いくつかのクリニックの施術料金の相場や通院の回数に気を配ることが大事です。