誰にでも出来る!超簡単「寝るだけ」ダイエット

痩せるために必要なホルモンを知ろう

誰にでも必要なことは食事もそうですですが「睡眠」も必要ですよね。しかし、正しい睡眠のポイントを知ることによって、なんと「痩せ体質」を作ることができるんです。それには3つのホルモンが影響しています。まずは「コルチゾール」です。これは明け方あたりに脂肪を燃焼してくる働きがあります。つぎに「レプチン」と呼ばれるホルモンは、満腹中枢をコントロールする働きがあります。3つめは「成長ホルモン」です。このホルモンはアンチエイジングの効果を持ちます。

寝るだけダイエットの方法

なにより眠る時間が大切です。特に成長ホルモンが活発になるのは22時から2時までの間なので、それまでに眠りにつくようにしましょう。この間に肌の修復も行なわれます。そして眠った直後から3時間の間にホルモンが最も分泌されるので、この間はしっかりと熟睡できることが重要です。そのため、質の良い睡眠をとるには、寝る直前の食事や激しい運動はしないほうが良いです。体を動かしてしまうと交感神経を刺激してしまい、スムーズに入眠しにくくなります。

さらに寝るだけダイエットの効果を上げるコツ

ただ眠るよりは、よりダイエットに効果のある方法を取り入れたいものですよね。そこで、寝る1時間暗い前に大さじ1杯程度のはちみつをなめるとよいです。はちみつの糖分が肝臓に蓄えられることで、成長ホルモンの分泌が促進されます。またはアーモンドを3粒ほど食べるのもオススメです。ナッツはカロリーが多いので、太るのではないかと思われますが、じつはアーモンドにはアルギニンが豊富に含まれているので、保津モンの分泌を促す効果があります。なお3粒程度なら問題ありません。

自分のボディラインに自信を持てないときには、人気のサプリフェアリーレシピです。女性らしいボリューミーなバストラインを、手に入れることができます。